しまねのおいしい食GUIDE

HOME > しまね特産品図鑑 > 水産物 > サバ類

印刷する

サバ類

特徴

一般的な旬の秋~冬だけでなく、春にも脂が乗ります。

【マサバ】
マサバはスズキの仲間で日本全国に分布しており、島根県では主にまき網で漁獲されます。
表層付近を群れをなして泳いで外敵から身を守っています。
マサバは、「サバの生き腐れ」といわれるように鮮度が低下しやすく、古くから〆サバにして食べられています。このほか、刺身、焼魚、煮物などにして食べられており、冬には脂がのって大変美味しくなります。また、DHA(ドコサヘキサエンサン)やEPA(エイコサペンタエンサン)を多く含んでいます。

トピックス

マサバは、「サバの生き腐れ」といわれるように鮮度が低下しやすく、古くから〆サバにして食べられています。このほか、刺身、焼魚、煮物などにして食べられており、冬には脂がのって大変美味しくなります。また、DHA(ドコサヘキサエンサン)やEPA(エイコサペンタエンサン)を多く含んでいます。

旬な時期

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

旬な時期    供給時期

県内の主な産地

  • 松江市
  • 出雲市
  • 大田市
  • 江津市
  • 浜田市
  • 益田市
  • 隠岐の島町
  • 西ノ島町
  • 海士町
  • 知夫村