しまねのおいしい食GUIDE

HOME > しまね特産品図鑑 > 水産物 > ブリ

印刷する

ブリ

特徴

島根県は全国有数の天然ブリの漁獲量を誇り、主な漁法は定置網やまき網、刺網、釣り等です。
出世魚として名高いブリですが、島根県では「モジャコ」に始まり、「ツバス」、「ワカナ」、「ハマチ」、「マルゴ」、「ブリ」など大きさによって様々な呼び名が付けられています。中でも、寒風吹きすさぶ冬の日本海で漁獲される大型のブリは寒鰤(かんぶり)と呼ばれ、脂がのって絶品です。
ブリは東シナ海から日本列島周辺の水域に分布しており、春から夏にかけて北上し、冬には産卵のために南下する回遊魚です。このため、秋から冬にかけては、長距離回遊と越冬、産卵に備えて脂肪を多く蓄えているのです。とりわけ脂ののった美味しいブリは、外見が丸々としていて尻尾の方まで厚みがあり、見るからに美味しそうです。
食べ方としては、刺身には甘めのさしみしょうゆに薬味はおろし生姜といきたいところですが、しゃぶしゃぶなどの鍋料理でいただくのもお薦めです。この他にも、カルパッチョや照り焼き、かまの塩焼き、ブリ大根やあら煮など、様々な食べ方で楽しむことができます。

トピックス

10月・11月に水揚げ量が多く、また秋から冬にかけて脂のりが良くなります。

旬な時期

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

旬な時期    供給時期

県内の主な産地

  • 松江市
  • 出雲市
  • 大田市
  • 江津市
  • 浜田市
  • 益田市
  • 隠岐の島町
  • 西ノ島町
  • 海士町
  • 知夫村