しまねのおいしい食GUIDE

HOME > 首都圏で活躍するしまねの産品 > 島根県隠岐郡海士町『CASの白いか』(株式会社ふるさと海士)

首都圏で活躍するしまねの産品 島根県隠岐郡海士町『CASの白いか』

獲れたての隠岐の恵みをCAS凍結でお届け!

甘味が強くモチモチした食感で鮨ネタやお刺身として地元でも人気の白いか(ケンサキイカ)。
朝獲れたてを1本ずつ丁寧にCAS加工場で瞬間凍結します。釣り上げられてから短時間で凍結した白いかは、解凍すると透明感が蘇り、吸盤がくっつくほどの鮮度でお楽しみいただけます。

島の旬をいつでもお届け!

島根県隠岐諸島・海士町近海で夏から秋にかけて獲れる白いか。早朝漁港に水揚げされたものを専用の発泡箱に氷を敷き詰め、吸水シートを敷いて丁寧に並べ、時間をおかずCAS凍結の加工場に運びます。
加工場では滅菌海水で1本1本丁寧に汚れを落とし、鮮度の良い状態でCAS凍結。一年中鮮度の良い旬な白いかをお召し上がり頂けます。

「イカくるくる」

隠岐では、白いかが揚がると各所で干物を作ります。しかも柔らかくて美味しい一夜干しに仕上げます。地元では、この白いかを天日で乾燥をするために活躍する装置があり、町のあちこちで見られます。
開いた白いかが自動でくるくる回るこの装置は、程よい乾燥と虫除けとの両方を兼ね備えた、白いかの季節の風物詩です。

厚さ、甘み、ツヤの3拍子揃った美味しさ
~東京銀座『銀座こびき』~

創業70年の老舗和食店『銀座こびき』。
日本各地から届く好鮮度の海の幸が人気のこの店で、海士町から届くCASの白いかの評判は上々です。

実際に白いかを調理するこびきの金子氏にCASの白いかの魅力を尋ねると、身に厚み、甘み、ツヤがあり、半解凍で下処理をすると仕込みもしやすく美しく美味しく仕上がるとのこと。天候などによる海の変化の影響で質や価格が大きく変わる心配なく、安定した質や価格で年中楽しめるというのもCASの白いかの長所と喜ばれています。

東京銀座「銀座こびき」

TOP