しまねのおいしい食GUIDE

HOME > 首都圏で活躍するしまねの産品 > 島根県浜田市「西条柿」(太田農園)

首都圏で活躍するしまねの産品 島根県浜田市「西条柿」(太田農園)

濃厚な甘み、上品な舌触りが身上の山陰の恵み

柿のもつ甘み・風味・食感ともにバランスのとれた西条柿は、中国地方特有の品種で果実は縦長で側面に4条の溝がある全国的にみても非常に珍しい柿です。渋抜きされた西条柿は、柿の中でもとびきりの甘さで、その肉質はとても上品で緻密です。かたすぎず、柔らかすぎず絶妙の食感が味わえます。

人と人の繋がりは、美味しい柿を実らせる

太田農園では化学肥料3割、有機肥料7割で柿を育てています。有機肥料の選定は、地元の野菜や安来の梨などを作る知り合いの農家から良いと聞いた有機肥料の製造元まで自ら足を運び行っています。ある日、とあるスーパーの常務から「いろいろ食べたが、太田さんの西条は本当に美味いのう!」と褒め言葉をいただきました。土作りを大切にしてきたことがこの褒め言葉につながったとしたら嬉しく思います。
私が父の跡を継ぐことにした頃は、遠方に住む柿作りの名人のもとにお酒を持って教わりに行ったものです。教えてもらうといっても手伝いをしながら見よう見まねで盗むという感じですがね。何事も一朝一夕にはいきませんが、いい師匠や仲間から教わることは尊いものです。私も若い方々には持てる技術をフルオープンにしています。美味しいものを作っていれば、周りにいる皆さんが売ったり勧めたり、広めたりしてくれます。これを裏切れないと私も更に頑張るわけです。人と人との繋がりは結果的に美味しい西条柿作りに繋がります。

西条柿の楽しみ方あれこれ

西条柿は渋柿なので、渋ぬきしたものを楽しみます。昔は焼酎につける方法が多かったのですが、今は柿を入れた袋にドライアイスを入れ、発生する炭酸ガスによって脱渋する方法が多いです。渋抜きした生の西条柿を「合わせ柿」と呼びます。また、最近では冷凍の西条柿も登場し、これを半解凍でいただくとシャーベットのような食感で美味です。他にも、干し柿やブランデー漬けなど様々な楽しみ方ができます。

島根から届く美味しい季節の便り

私どもの店では、西条柿の季節になると毎年太田農園さんから西条柿の合わせ柿を送っていただきます。コースでお食事を楽しんでいただいた後の締めの果物として西条柿をお客様にお出ししますと、お客様の方から「おお!もうそんな季節か」と喜んでいただき、毎年の美味しい季節のお便りとなっています。見た目も珍しい柿なので、お出しする際に西条柿そのものも一緒にお見せすることもあります。海外のお客様も度々いらっしゃるのですが、欧米では柿は珍しいようで、生まれて初めて食べる柿が西条柿という方もいらっしゃるんですよ。
甘くて滑らかな西条柿は皆さんに喜ばれています。

Wanofu(ワノフ)
東京都中央区築地4-2-10
TEL:03-3543-3450
http://www.wanofu.com

東京銀座「wanofu」

TOP