しまねのおいしい食GUIDE

HOME > しまねの郷土料理

しまねの郷土料理

島根県は美しい景観、細やかな人情に加え、山の幸、海の幸にも恵まれています。

新鮮な素材を使ったその土地ならではの自慢料理も数多く、古くから伝えられてきた味は、訪れた人を温かくもてなします。

ごはん

うずめ飯

津和野町、匹見町

椎茸や人参、豆腐等を賽の目にしたものを昆布出汁で煮て、塩と醤油で濃いめに味付けしたもの茶碗の底に入れ、その上にご飯を乗せ、更に刻み海苔、おろしワサビ、せりを薬味として加え、熱い出し汁をかけて食べるお茶漬け。

焼きめし

隠岐

おにぎりの両面をカリカリに焼き、小醤油味噌(なめみそ)をつけ、アツアツの煎茶をかけて食べる焼きおにぎり。

おまん寿し

浜田市周辺

鰯、鯵、鯖などの青魚の頭と内臓を取って酢で洗い、ごはんの代わりに麻の実・山椒・しょうがを入れて炒ったおからをはさんだおから寿し。

箱寿司

大田市

江戸時代に石見銀山に派遣された代官に同行してきた奥方たちが江戸の味を懐かしんで作ったのが始まりで、寿司箱に酢飯、五目寿司の具、酢飯、錦糸卵をのせ、これを三段~六段重ねる箱寿司。

ぼべ飯、ぼんべ飯

県内沿岸地域

ぼべ(ぼんべ)貝(カサガイ)で作る炊き込みご飯。
※にな(にいな)貝(しったか、ミナ貝)で作ることもあります。

ばくだんにぎり

隠岐

おにぎりをまるごと醤油をつけた岩のりでつつんだおにぎり。岩のりでくるんで真っ黒になるのでばくだんの名前がつけられました。

生姜飯

斐川町

斐川町出西地区でのみ栽培される出西生姜を使った炊き込みご飯。出西生姜は、限られた地区でのみ育つ繊維質がなく辛味の強い生姜です。

芋茶がゆ

美郷町

少量の米とサツマイモ、番茶でたべるおかゆ。養蚕が盛んだった江の川沿いでは少ない平坦地は桑畑が多く、米の生産が少なかったためサツマイモを入れていました。

魚料理

へか焼き

大田市

アンコウ、甘鯛、ノドグロなどの新鮮な魚と玉ねぎ、大根などの野菜を合わせて特性の鉄鍋で食べる魚バージョンのすき焼き
「へか」とは農機具の犂の先の金属部分のことで、これを鍋の代わりに使ったことからへか焼きと呼ばれています。

鮎べか

江の川沿い、高津川沿い

干し鮎をへか鍋にならべ、大根、ごぼう、広島菜などをのせてすき焼き風の鍋もの。

えりやき鍋

隠岐

鯖、ハマチ、鰤等の青身の魚と豆腐、ねぎ、白菜を酒、しょうゆ、唐辛子を加えて煮立てた中で炒るようにして火をとおしながら食べる鍋。

鯖のいり焼き

隠岐、浜田市

しょうゆ、酒、みりん、砂糖に、すりおろしたにんにくと、三枚におろしたさばを加えて作る煮魚。水を使わず調味料のみで煮込むため「いり(炒り)焼き」と呼ばれます。

鱸の奉書焼

松江市

宍道湖七珍の一つ鱸のえら、うろこ、ハラワタをとり、一匹丸ごと4~5枚の奉書紙(和紙)で包んで焼く料理。

麺類

隠岐そば

隠岐

そば粉100%で打ったそばと焼きサバの身をほぐし、醤油、酒、味醂を加えて煮詰めたサバ出汁で食べるそば。そばは一本一本が太くて短く切れやすいので、出汁と一緒にかきこむように食べるのが正しい食べ方とされています。

出雲そば

松江市、出雲市、安来市、雲南市、飯南町、奥出雲町

出雲の伝統的な食べ方は割子(わりご)そばと釜揚げそばです。割子そばは、茹でたてのそばと薬味を小ぶりな平鉢に盛り、辛口のダシをかけて食べる形式は、地域の祝い事や弔いの席でも大いに重宝されました。

お菓子類

笹巻き

東部地域

もち米とうるち米で作った団子に笹の茎を刺し、それを5~6枚の笹の葉で巻いたちまき。湯がいて、青大豆きな粉や砂糖醤油を付けて食べます。

かたら餅

 

柏のかわりにサルトリイバラの葉でくるんだ餅。出雲地方では、サルトリイバラのことを「かたら」と呼びます。

その他

芋煮

津和野町

炙った小鯛で出汁を取り、塩と醤油で味を調え、津和野町笹山地区で栽培される里芋にほぐした鯛の身と柚子の皮を加える津和野郷土料理の芋煮。

さんとう

 

短冊状に切り塩を振っておいた大根、人参と、三枚に下ろし酢に漬けておいた塩サバに醤油を加え和えた酢の物。