しまねのおいしい食GUIDE

HOME > 地産地消特集 > 島根のあんぽ柿

島根のあんぽ柿

島根の秋の味覚を代表する「西条柿」

 中国地方で多く栽培される西条柿。島根県では「こづち」の名称で知られますが、実は島根県がその栽培面積では日本一を誇ります。そのままでは食べられない渋柿であるため、かつては干し柿として食べられていましたが、収穫後のドライアイスによる脱渋技術の進歩によって、今では生果のままで食べられる美味しい柿として広まっています。
 また、干し柿よりも水分が多く、柔らかい食感が魅力の「あんぽ柿」も人気で、今年からJAしまねでは製造・販売を統一した「島根あんぽ」の取組をスタートしています。
 今回は、そんな美味しい西条柿の現状を知るべく、県の中で収穫量の半分近くを占める出雲市平田地区を訪問、JAしまね出雲地区本部東部営農センターの「柿」スペシャリストで営農相談員の槇野直人さんに詳しいお話を伺ってきました。


JAしまね出雲地区本部東部営農センターの「柿」スペシャリストで営農相談員の槇野直人さん

生産者たちの「より美味しいものを届けたい」
という思いで始まった「西条柿」

 出雲市平田地区は、日本海側の山地にしては珍しく南向きに丘陵地が広がり日照量が豊富で、柿の栽培にはうってつけの土地です。
 もともとは富有柿の産地だった平田地区。昭和7年頃からその栽培を開始し、昭和20年頃には最盛期を迎えます。そして、富有柿に続き昭和42年頃から西条柿の栽培が始まります。そのきっかけは、「富有柿より西条柿のほうが美味しくないか?」という生産者間での何気ないやり取りでした。当時から庭先に植えられていた西条柿を干し柿や自家脱渋して生果で食べる機会も多く、そんな消費者感覚から栽培へ発展していきます。
 しかし、「桃栗三年柿八年」のことわざどおり、新しい品種の栽培を始めるには大変な労力をともなうのが柿づくり。それを今日まで成長させてきたのは、平田地区の生産者気質だと槇野さんは言います。「プロ意識を持った生産者さんが多く、"より美味しいものを市場に届けたい"という思いから本格的な取り組みに至りました。生産者自身が柿産地の土台を築き上げたのが大きな特長で、周りからどうこう言われて始めたのではなく自分たちで模索した結果が今。その基盤はJAではなく、平田柿部会(平田地区の柿生産者の集まり)にあります。これはJAしまねの中でも珍しい存在だと思います」と続けます。
 部会では県内においていち早く共同での加工にも取り組んでいます。
 それが、現在もうひとつの主力商品となっている「あんぽ柿」です。


選果場に運び込まれた西条柿


ひとつひとつ丁寧に選別され出荷に備えます(左)
生果で出荷されるものはドライアイスを充填し、密閉することで脱渋を行います(右)


山の斜面を活かし柿畑がつくられています

和菓子にも例えられる平田の「いずもあんぽ」

 あんぽ柿は、平田地区では、平成6年に柿部会の婦人部によって製造がスタート。西条柿の唯一の弱点ともいえる「賞味期限の短さ」を払拭して、保存性を高めた西条柿の本来の美味しさを広い地域に届けたいという生産者の思いから始まったものです。和菓子などへの利用も検討されましたが、いろいろ試行錯誤するなか、「西条柿の美味しさを伝えるには、やっぱり干し柿(あんぽ柿)が一番」という結論に至り、水分が多めで半分生のようなジューシーな美味しさの「いずもあんぽ(※)」が誕生しました。
 一般的に富有柿の糖度が14~15度。さらに甘い西条柿が17~18度。その西条柿を干し柿加工することで糖度は50度超となり、和菓子に匹敵する甘さになる「いずもあんぽ」。生果の出荷は、瀬戸内を中心とした山陽エリアですが、「いずもあんぽ」は大阪、関東エリアがメイン市場です。「西条柿の美味しさを全国に広めたい」という当初からの目的は、その味の評価とともに着実に歩を進めつつあります。
 そんな「いずもあんぽ」の製造法ですが、「皮を剥いて6日間かけ専用乾燥機の中で温風を当てるだけ。シンプル・イズ・ザ・ベストです」と槇野さんは笑います。一般的にあんぽ柿製造で行われる硫黄燻蒸をしないということで、「本当に何も使っていないのか?」と疑われることも多いと槇野さんも苦笑い。
 販売先は、関東・関西方面に加え、九州(福岡)等、広がっていますが、その人気の影響で供給が追いつかないほどです。
※JAしまね出雲平田柿部会が製造するあんぽ柿の商品名


皮を剥いた西条柿を丁寧に並べ乾燥機で乾燥させることであんぽ柿になります。

「いずもあんぽ」から「島根あんぽ」へ

 今年度、そんな供給不足問題を解決し、さらに大きなブランドとして成長させるため、JAしまねでは製造・販売方法を統一した「島根あんぽ」の取組みをスタートさせました。この取組みでは、主要産地である平田地区はもちろん、石見地区の柿産地である浜田市にも加工場を新設し、生産量の拡大を図っています。
 平田地区では、これに併せ、柿生産拡大の取組みに拍車がかかり、今年度は、4.8ヘクタールの栽培団地が新設されました。「「ひらたの柿」を次世代に繋げ、産地として永続させていくために今後もさらなる面積の拡大を行い、新規生産者の受け入れ活動など積極的に行っていきたい」と槇野さんは語ってくれました。
 平田地区の生産者の熱い思いのもと「いずもあんぽ」の取組みは今、県内全体にまで拡大。「島根あんぽ」という新しい名前で消費者の皆様に永く愛される島根の特産品になるべく届けられます。

熱々のままでいただく「渋柿(西条柿)の串揚げ」

 17~18度と糖度が高く、その繊維質の豊富さから、甘みだけでなくサラリとした口当たりが特徴的な西条柿。横幅が広く黄色い富有柿がスタンダードな東日本の市場では、その細長い形や鮮やかなオレンジ色がパプリカと間違われることもしばしばと槇野さんは笑います。それでもその後に試食した人々が必ず買い求められるほど「食べてびっくり」の美味しさを誇る西条柿。地元ならではの食べ方があるのでしょうか?
 「地元ならではというか、渋柿のまま串揚げにするのが私のおすすめ。熱い状態だと渋味を感じず、甘味も増してデザート感覚で楽しめます。他にはサラダに加えたり、ヨーグルトと和えたりと、生果本来の甘味やジューシーさを活かした食べ方も良いですね」と槇野さん。
 サクサクのフライ衣に包まれた熱々の西条柿、冷めると渋味が戻ってしまうので、揚げたてをお試し下さいとのことです。

今回紹介した平田地区の柿は、出荷時期に「ひらたの柿の直売所」や「オンラインショップ」で購入できます。


ひらたの柿 直売所
【場  所】出雲市平田町4336 TEL&FAX.0853-62-2960
【営業期間】10月頃~12月下旬まで
【営業時間】10:00~16:00