しまねのおいしい食GUIDE

HOME > 地産地消特集 > 島根の穴子

島根の穴子

島根の穴子って?

 日本で一般に食用とされている穴子はマアナゴです。東京湾や瀬戸内海産が有名なマアナゴですが、島根県は水揚げ量がなんと全国第1位(平成29年)!大田市、浜田市を根拠とする底びき網漁業で主に漁獲されています。

 マアナゴといえば、細長くてさっぱりとした味わいのものをイメージされる方が多いと思います。ところが、島根県産はその多くが大型サイズ(体長40~65cm程度が主体)で、調理すれば身はふっくらやわらかく、それでいて皮はしっかりプリプリ。マアナゴはサイズが大きくなるに従って脂質含有量が高くなる傾向があり、高いものでは20%程度のものも存在しますので、それも影響しているのかもしれません。
そんな島根県産マアナゴ、一度食べればこれまでの固定観念が大きく覆されることでしょう。
ちなみに県内では、かば焼きや干物等に加工されているほか、県西部ではへか焼き(すき焼き風料理)、いり焼き(煮物風料理)、鍋物の具材等に利用されています。

穴子イベント「大アナゴ祭」で楽しもう!

 マアナゴ産地の大田市で、地元産マアナゴをテーマにしたイベント「大アナゴ祭」が開催されました。大田市産マアナゴを様々な料理で美味しく食べることのできるイベントでした。

日程:平成31年3月24日(日)12:00~14:00
場所:波根旅館街 水明館裏(島根県大田市波根町1336‐1)
内容:マアナゴ料理(アナゴ網焼き、アナゴ丼、アナゴ天、アナゴのみそ汁)の提供、アナゴ解体ショー、石見神楽上演など
料金:2,000円(80名様限定で要事前申込み)
主催:波根旅館組合
後援:おおだ一日漁ブランド推進協議会、大田商工会議所
おおだ一日漁推進協同組合 https://www.facebook.com/oodafirshdayfishing/
大田商工会議所 https://www.facebook.com/ohdacci

大穴子を使った恵方巻きを味わおう!

石見ツーリズムネット(石見地方にある観光・レジャー・宿泊・飲食・特産品販売に関連する施設で構成される団体)では、石見の漁港で水揚げされた新鮮なマアナゴを用いた巻き寿司を“石見の恵方巻き”として開発し販売することになりました。島根県産マアナゴをふんだんに使い、見た目にも贅沢な逸品に仕上がっていますので、以降の節分時期には欠かせない定番品となりそうです。

【平成31年販売状況】(終了しました)
販売期間
平成31年2月1日(金)~3日(日)

参加店舗
①神楽の里 舞乃市 大黒食堂 江津市後地町3348-113 TEL:0855-55-1155
②ホテル松尾 浜田市黒川町4185 TEL:0855-22-2520
③国民宿舎 千畳苑 浜田市下府町2164 TEL:0855-28-1255
④荒磯館 益田市西平原町1019‐1
※④は2月3日のみの限定販売


荒磯館の恵方巻


舞乃市のあなご姿寿司


ホテル松尾の恵方巻


国民宿舎千畳苑の恵方巻

リンク

しまね特産品図鑑
http://www.shimane-syoku.jp/tokusan/detail/211

しまねの食材を使ったレシピ
あなごとほうれん草のミルク煮
http://www.shimane-syoku.jp/recipe/detail/393
あなごのピカタ
http://www.shimane-syoku.jp/recipe/detail/387

首都圏で活躍するしまねの産品・大穴子
http://www.shimane-syoku.jp/shutoken_tokushu/ooanago.html
首都圏で活躍するしまねの産品・穴子の干物
http://www.shimane-syoku.jp/shutoken_tokushu/anago.html

島根県水産技術センター発行 とびっくす No.59「島根のアナゴの美味しい季節は?」
https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/suisan/shinkou/umi_sakana/tobics/index.data/tobics059.pdf
浜田市役所アナゴ料理レシピ・穴子の天丼、穴子の吸い物
http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1507775872198/index_k.html

TOP